公営ギャンブルの八百長にウンザリしたらネットカジノに移行すべき

公営ギャンブルの八百長にウンザリしたらネットカジノに移行すべき
「競馬」「競艇」「競輪」「オートレース」は、日本国内で運営が認められている数少ない公営ギャンブルですが、八百長などの不正行為が疑われることも少なくありません。
国内には海外のランドカジノのような施設がなく、遊べるギャンブルは非常に限られていましたが、最近はネットカジノが普及して状況が変わり、公営ギャンブルから移行する方も増えています。
ネットカジノが選ばれる理由は、ペイアウト率の高さだけでなく、イカサマがない公平なギャンブル環境が好まれているからでもあります。
ネットカジノがこれだけ世界で人気を集めているのは、イカサマや不正行為がないからに他なりません。
ここでは、公営ギャンブルの八百長にウンザリしたらネットカジノに移行すべき理由と題して、ネットカジノの公平性や信頼性に焦点を当てて行きたいと思います。

意外と八百長が多い公営ギャンブル

公営ギャンブルで八百長を疑うレースは結構あり、これにウンザリしている利用者が多いのも確かです。
実際に過去には八百長が認められたレースも何度か確認され関係者が処分されており、すべての公営ギャンブルで不正行為が横行しているとは言えませんが、疑惑を持ってしまうのは仕方ないことでしょう。
もしかしたら八百長が表面化していないだけで、もっと多くの不正行為横行している可能性もあります。
やはり公営ギャンブルは多くの人間が関わっている以上、完全に八百長を排除するのは難しいのかもしれません。
一度、八百長が起こってしまうと、なかなか信頼性を取り戻すのは困難になります。
一方ネットカジノは、オンラインであるからこそ信頼性が重要視されており、当初からイカサマや不正行為ができないシステムが構築され、イカサマを疑うことなくギャンブルに集中することができるのです。

ネットカジノの運営にはライセンスが必要

ネットカジノの運営にはライセンスが必要
ネットカジノはオンラインで運営されているため、誰でも好きなように始められるイメージがありますが、実際は合法国の政府機関が発行したライセンスが必須となっています。
運営に必要なライセンスの所得には手続きに必要な資金だけでなく、厳格な審査をパスする必要もあり、信頼性と資金力がない企業には入手が難しいものとなっています。
しかもライセンス取得後にも監視は続き、不正行為やイカサマの事実が確認されればライセンスは没収となり、オンラインカジノは閉鎖を強いられるのです。
このようにネットカジノは大きなリスクを背負って運営されており、イカサマで一時的な収益を上げるよりも、信頼性や満足度を上げてプレイヤーを増やすほうが、効率的に収益を上げられる健全なシステムが出来上がっているのです。

ゲームは外部のソフトウェア会社が開発

「イカサマを仕込んだゲームを作れば誰にもバレずにイカサマができるのでは?」と想像する方も多いと思います。
しかし、このように誰でも考えられるようなアイデアには、すでに対処済みとなっているのがネットカジノなのです。
ライセンスを所持する合法ネットカジノでは、運営が直接ゲームを開発することは禁じられており、外部のソフトウェア会社から導入することが義務付けられています。
当然ですがこのようなソフトウェア会社もライセンスの取得が必要で、第三者機関による監視の下で健全なゲームの開発が行われる仕組みとなっているのです。
ほとんどのゲームには、ゲーム結果をランダムに抽選する乱数発生器という装置が導入されており、誰かが意図的にゲーム結果に干渉することは出来ないようになっています。
ネットカジノのゲームは、決められたペイアウト率に従い結果を抽選するだけで、人間が干渉する余地はまったくないのです。

ペイアウト率の公開で透明性を確保

ネットカジノのギャンブルの勝ちやすさを示すペイアウト率は95~97%と、公営ギャンブルと比べかなり高くなっており、これがネットカジノの人気を集める一因でもあります。
この高いペイアウト率を証明するために大手オンラインカジノでは、毎月実際のペイアウト率を公表しており、プレイヤーからの高い信頼性を得るに至っています。
このペイアウト率はネットカジノの運営が勝手に公表しているのではなく、健全性を監視している第三者機関によって調べられたものです。
一方、公営ギャンブルはペイアウト率を公式に発表することもなく運営を続けていますが、70%以下という情報もあります。
このように勝ちやすさが重要となるギャンブルにおいて、ペイアウト率の公開が必須な時代が到来しており、ペイアウト率が不透明な公営ギャンブルは完全に時代に乗り遅れていると言えます。

まとめ

まとめ
公営ギャンブルの八百長にウンザリしたらネットカジノに移行すべき理由を解説してきましたが、参考になりましたか?
八百長が疑われるレースが多い公営ギャンブルに対し、ネットカジノは当初からイカサマや不正行為ができないシステムが構築されています。
またネットカジノの運営だけでなく、ゲームを開発するソフトウェア会社にライセンスの取得が義務付けられており、不正ができない仕組みとなっているのです。
さらに毎月、実際のペイアウト率を公開するなど、ネットカジノは透明性の確保に努めており、情報公開に消極的な公営ギャンブルとは一線を画しています。
このようにネットカジノでは、健全な運営の仕組みが出来上がっており安心してギャンブルを満喫することが可能なのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です